ベルトの交換方法

初めてベルトを交換される方には、ハードルが高く感じるかもしれませんが、やってみるととても簡単です。市販の時計は、ほぼご自身で交換することができますので、ぜひチャレンジしてみてください!
(使用している工具はご購入いただいたベルトとともにお送りいたします。)

ベルトの取り外し方

1. 時計の置き方、ケースの保護

竜頭を上に取り外す時計のリューズを上にしておいてください。
ケースを傷つける可能性があるので赤丸で囲った4か所をセロテープで保護されることをお薦めします。

2. 挿し込み口の有無を確認

挿し込み口がある場合

3. 挿し込み口に工具を挿し込む

工具先端1

お送りした工具の赤丸側を使います。
挿し込み口に工具を差し込みます。挿し込むとバネ棒の頭が下がります。

工具を差し込む

4. ベルトを取り外す

ベルトを取り外す工具を挿し込み口に押し込みながらゆっくりとずらす
(バネ棒が飛び出すことがあるので注意してください)
片方がはずれればベルトが取り出せます。

挿し込み口がない場合

3. ラグとストラップの隙間に工具を差し込みます

差込

お送りした工具の赤丸側を使います。
ラグとストラップの隙間に工具を差し込みます。
うまく差し込まれていない場合、ベルトが傷つく場合があります。
しっかり差し込んでください。

koukan_008

4. ベルトを取り外す

ベルトの取り外し下に押しながらゆっくりとずらします。
(バネ棒が飛び出すことがあるので注意してください)
片方がはずれればベルトが取り出せます。

ベルトの取り付け方

1. 時計の置き方

リューズを上に取り付ける時計の、リューズを上にしておいてください。

2. バネ棒を差し込む

バネ棒の幅取り付けるベルトにバネ棒が均等な位置にあるか確認してください。
※当店では新しいバネ棒を取付けた状態で発送させて頂いております。
元の時計についていたバネ棒をご使用になる場合は交換してください。

3. 片側のラグ穴に挿し込む

片側の穴に入れる

お送りした工具の赤丸側を使います。バネ棒を押し下げたまま、ラグの間にずらしていきます。

4. 反対側も挿し込む

反対側も挿し込む除所に力を緩めていき、穴にはめていきます。上手く入るとカチッと音がします。
場所があっているのに、入っていないような気がする場合少しベルトを揺さぶってあげるとうまく入ります。

もう片方も同じ要領で取り付けます。

5. 確認

確認する

最後に軽く引っ張ったり、取付部分を曲げたりしてベルトがしっかりはまっているかどうかを確認してください。

Copyright(c) 2015 Hakkindo All Rights Reserved.